[PR] 

コメントの閲覧及び投稿には会員登録が必要です。
 

資格相談室

2015年10月01日
23:53

リラクゼーションの組合

ズカズカ  icon1  icon2  icon3

初めまして相談いたします。

私は現在温浴施設に入っている大手のリラクゼーション店で、よくある完全歩合制個人事業主契約として働いています。

この度本社がリラクゼーションの組合に入るとの事で全施術者に入会を求められました。

任意ではなく、入らないのなら2ヶ月後には仕事の契約解除との事です。
たった数日で決めなくてはなりません。

大雑把な内容は、
出資金1万円(辞める時に返却される)
会費が毎月売り上げの○%(施術報酬でなく「税込の売り上げ」です)だいたい1日から人によっては1.5日分近くの収入と同じとなります。
その他任意での有料の講習、試験を受けて合格すると歩合に反映される(1%×3段階)とのことです。

目的はリラクゼーション業の認知や発展、施術者の安心できる環境を作るためとの事。
そのためのメデイアへの発信や外部団体との繋がりや活動、福利厚生(自分で毎月同じだけ貯金したら、すぐまかなえる程度です)、技術向上のための認定試験制度、備品共同購入などなどだそうです。

組合は厚生労働省認可の第3機関(本社とは別のもの)なので、万が一被害相談を受けて保健所が調査に来た時、「この組合の組合員はきちんと講習をうけてますよ」とアピールができ、全店休業だとかにならないように説明できるものだとの事です。(しかしこの組合の理事も本社社長です)

長くなりましたが質問です。
『厚生労働省認可』はそういった効力があるとは考えていませんでしたが、あるのでしょうか?

もちろん国家資格とは全く別物です。

もう一つ単純に収入の割合からして高すぎませんか?
そして入らないのなら契約を解除といった大きなことなのに急にも程がありませんか?
調べると他会社にも福利厚生費?などがあるようですが、このような感じなのですか?
ご存知のかたお教えくださいませ。

私には難しい内容で上手く説明でききれなかったと思いますが、客観的意見を伺いたく質問いたしました。
よろしくお願いいたします。

新しく書き込む

本文
写真1
写真2
写真3