twitterでつぶやく
第4回 訪問看護支援事業に係る検討会 資料を公表

厚生労働省は、平成22年8月9日(月) 13:30~15:00に、厚生労働省共用7会議室にて開催された第4回 訪問看護支援事業に係る検討会の資料を公表した。

 1、24時間365日いつでも必要な時に、安定的に訪問看護サービス提供が可能となるような体制を実現するために、どのような方策を検討すべきか。

2、今後の訪問看護と介護の連携のあり方についてどのように考えるか。

を論点に発表が行われ、

2008年時点で訪問看護の顕在ニーズは、介護保険と医療保険を合わせて31.8万人であり、2025年には、同顕在ニーズ52.8万人、潜在ニーズ44.4万人、合計97.3万人となるという推計などが、報告された。

詳細はこちら ⇒ http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000jfxv.html