twitterでつぶやく
社会保障分野における安全で利便性の高い情報連携が地域住民にもたらす効果に関する検証成果発表会の開催について

厚生労働省は、平成22年8月31日(火)に開催される「社会保障分野における安全で利便性の高い情報連携が地域住民にもたらす効果に関する検証成果発表会」の詳細を公表。

平成21年度から実施してきた「社会保障カード(仮称)の制度設計に向けた実証事業」につき、7月末をもって実証期間を終えたため、実証を通じて明らかとなった課題や、その解決に向けた工夫などについて、全国7地域の事業実施コンソーシアム(地方自治体を含めた共同事業体)等が事業成果として発表するもの。

事業報告は、
  ・鴨川市社会保障カード実証事業コンソーシアム
  ・日立製作所・名張市社会保障カード(仮称)実証コンソーシアム
  ・わかやま安心医療・社会保障カードコンソーシアム
  ・いずも医療カード利用促進コンソーシアム
  ・かがわSSCコンソーシアム
  ・福岡経済情報基盤コンソーシアム
  ・おおむら社会保障カード(仮称)コンソーシアム
  ・日本システムサイエンス株式会社
より、行われる。

詳細はこちら ⇒ http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000000j1a0.html