twitterでつぶやく
「24時間地域巡回型訪問サービスのあり方検討会」中間取りまとめの公表について

厚生労働省は、24時間地域巡回型訪問サービスのあり方に関する検討会の
中間報告をまとめ、公表した。

24時間訪問サービスは時間帯を問わず必要な時に、必要な訪問サービスを提供
する仕組みだが、在宅介護を希望する高齢者が多い現状下、早朝や深夜の訪問
サービスは不足しているなど、必要な時にサービスを受けられない状況にある。

今回の中間報告では、事業所に介護職員と看護職員を配置するなど、介護と医療
が連携できる体制の検討や、利用者の負担を軽減するため、定額で一定量のサー
ビスを使える仕組みの導入など、が打ち出されている。

詳細はこちら ⇒ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000uyzo.html