twitterでつぶやく
医療費の地域差(医療費マップ)

厚生労働省は、「医療費の地域差(医療費マップ)」について、詳細を公表した。

1 調査の概要

都道府県や市町村別にみた医療費水準の地域差について、とりまとめたもの。

2 集計結果

-2.1 用語の解説

-2.2 利用上の注意
 平成19年度までの地域差指数は、市町村国保財政に対応する一般被保険者に係る給付費及び老人保健拠出金ベース(給付費ベース)で作成されてきたが、平成22年の制度改正で安定化計画が広域化支援方針等に見直されたことを踏まえ、平成20 年度の地域差指数については、医療費ベースで作成することとした。
 なお、平成20年度については、従来と同様に給付費ベースで作成した地域差指数についても参考2として掲載している。ただし、平成20年度は後期高齢者医療制度の創設に伴い、平成19年度までとは給付費等の範囲が大きく異なっているため、過去の地域差指数との比較は困難であることに留意が必要である。

-2.3 正誤情報
 平成19年度

-2.4 統計表一覧
 * 平成20年度  12月17日
 * 平成19年度
 * 平成18年度
 * 平成17年度
 * 平成16年度
 * 平成15年度
 * 平成14年度
 * 平成13年度
 * 平成12年度
 * 平成11年度

-2.5 基礎データ
 * 平成20年度  12月17日

3 公表予定
 調査年度の翌々年末頃公表

4 問い合わせ先 等

※詳細⇒http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/hoken/iryomap/index.html