twitterでつぶやく
冬休み期間中における海外での感染症予防について

厚生労働省、厚生労働省健康局 結核感染症課 は、
「海外での感染症予防」に関して、感染症及びその予防対策について情報を公表した。

冬休みは海外へ渡航される方も多い時期です。海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国することができるよう、海外で注意すべき感染症及びその予防対策について情報提供した。

海外で感染症にかからないようにするためには、感染症に対する正しい知識と予防方法を身につけることが重要。

渡航先や渡航先での行動内容によって異なりますが、最も感染の可能性が高いのは食べ物や水を介した消化器系の感染症です。

日本での発生は少ないものの、動物や蚊・ダニなどが媒介する病気は、海外で流行している地域もあり注意が必要です。また、WHOが排除又は根絶を目指している麻しん(はしか)、ポリオは、日本での感染者が減少傾向又は発生が認められないものの、諸外国では未だに流行している。

海外に渡航される方は、渡航先での感染症の発生状況に関する情報を入手し、予防接種が受けられる感染症については、余裕をもって相談しておくなど、適切な感染予防に心がけてください。

※海外の各地域における感染症の発生状況、感染症、予防接種に関する情報は、

・検疫所ホームページ(⇒http://www.forth.go.jp/

・外務省ホームページ(⇒http://www.anzen.mofa.go.jp/

・空港や港の検疫所に設置のリーフレットやポスターからも得られます。

なお、空港や港にある検疫所では帰国者の方を対象に健康相談を行っています。帰国時に発熱や下痢、具合が悪いなど体調に不安がある場合には、お気軽に担当係官までご相談してください。

また、感染症には潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)が長いものもあり(数日から1週間以上)、帰国後しばらく経過してから具合が悪くなることがあります。その際は、早急に医療機関を受診し、渡航先、滞在期間、飲食状況、渡航先での職歴、家畜や動物との接触の有無などについて必ず伝えてください。

1.蚊やダニなどが媒介する感染症

2.動物からうつる感染症

3.諸外国での感染に注意すべき感染症

4.そのほか注意すべき感染症

海外の感染症に関する情報

※詳細⇒http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou27/101213-1.html