twitterでつぶやく
平成24年度の診療報酬・介護報酬の同時改定について

厚生労働省から診療報酬・介護報酬改定等について発表されました。

平成24年度の診療報酬・介護報酬の同時改定は、「社会保障・税一体改革成案」の確実な実現に向けた最初の第一歩であり、「2025年のあるべき医療・介護の姿」を念頭に置いた取り組みを行う、としています。


1.診療報酬改定について

いまだ厳しい状況に置かれている我が国の医療のため、平成24年度改定においては、概ね5,500億円の診療報酬本体の引上げを行うこととし、以下のの3項目に重点的に配分する。

(1)診療報酬改定 改定率+1.38%

各科改定率 医科 +1.55%
歯科 +1.70%
調剤 +0.46%

(2)薬価改定等  改定率+1.38%


2.介護報酬改定について

平成24年度介護報酬改定においては、介護職員の処遇改善の確保、物価の下落傾向、介護事業者の経営状況、地域包括ケアの推進等を踏まえ、以下の改定率とする。

介護報酬改定

改定率 +1.2% 

(在宅 +1.0%)
(施設 +0.2%)

なお、介護報酬改定の考え方と整合を取り、平成24年度障害福祉サービス等報酬改定は、福祉・介護職員の処遇改善の確保、物価の下落傾向等を踏まえ、改定率+2.0%とする。


詳しくはこちらから

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001yvtfatt/2r9852000001yvwy.pdf