twitterでつぶやく
インフルエンザの発生状況について

厚生労働省は、平成23年第50週(平成23年12月12日から平成23年12月18日まで)分のインフルエンザの発生状況を取りまとめた。

2011/2012年シーズンのインフルエンザの定点当たり報告数は2011年第42週以降増加が続いており、第50週の定点当たり報告数は1.98(患者報告数9,738)となり、都道府県別では宮城県(18.20)、愛知県(10.28)、三重県(9.71)、岡山県(5.17)、愛媛県(4.43)、山口県(4.22)、岐阜県(3.39)、滋賀県(2.94)の順であり、40都道府県で前週よりも報告数の増加が認められた。

詳しくはこちらから

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/dl/houdou20111226-01.pdf