twitterでつぶやく
グローバルダイニング 全面禁煙へ

「カフェラ・ボエム」「モンスーンカフェ」「ゼストキャンティーナ」「権八」などを運営する、株式会社グローバルダイニング(本社:東京都港区南青山、代表執行役社長:長谷川耕造)は、2010年3月1日より、運営する全レストランの全面禁煙を開始。(03月03日 株式会社グローバルダイニング)

2007年9月より禁煙への取り組みを行っていたが、一部では空間分煙、時間分煙が含まれた状況だった。2010年2月25日の厚生労働省の『公共の場は原則全面禁煙』という通知を契機に、改めて企業として取り組んでいく。

未だ飲食業界では全面禁煙は難しいとされているが、禁煙法を早くから施行しているアメリカやイギリスを模範とし、受動喫煙による危険性を回避すると共に、利用者の健康を第一に考え、健康増進法25条を推進する。

厳しい景気状況下ではあるが、安全な環境と、安全な食事、心温まるサービスを追及し、利用者にとって心地良い一番のレストランを目指す構えだ。