twitterでつぶやく
手技による医業類似行為の危害-整体、カイロプラクティック、マッサージ等で重症事例も-

独立行政法人「国民生活センター」が、8月2日に下記報道発表を行った。

健康保持や疾病の予防・治療の目的で、マッサージ、指圧、整体、カイロプラクティックなど、
施術者の手技による医業類似行為が広く利用されている。

一方、PIO-NETには、整体やマッサージ等、器具を使用しない手技による医業類似行為を受けて危害が
発生したという相談が2007年度以降の約5年間で825件寄せられており、件数は増加傾向にある。

手技による医業類似行為のうち、あん摩マッサージ指圧や柔道整復については
法的な資格制度があるが、整体やカイロプラクティック等と呼ばれるその他の手技による
医業類似行為については法的資格制度がないため、施術者の技術水準や施術方法等がばらばらであると指摘されている。

そこで、健康維持や身体症状の改善等を目的とする、器具を使用しない手技による
医業類似行為を受けて危害が発生したという相談情報を分析し、情報提供
することとした

詳しくは http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120802_1.html
報告書本文は http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20120802_1.pdf