twitterでつぶやく
漢方薬局の薬剤師が「不登校・ひきこもり」対策本の講演・解説CDを発売

~著書にも書けなかった、不登校・ひきこもりの社会的背景を解説~

自律神経専門の漢方薬店を経営し、自らも薬剤師として働く有限会社神仙堂薬局(本社:静岡県藤枝市、以下神仙堂薬局)の代表取締役 鈴木 邦昭は、昨年、『脳の栄養力アップで不登校・ひきこもりは治る!』(以下本書)を出版。この本の出版を記念し、2月25日に出版記念講演を開催、この模様と著書にはない不登校・ひきこもりの社会的背景の解説をCDに収録して発売。(03月16日 有限会社神仙堂薬局)

【本書の出版、講演開催の背景】
これまで、「不登校・ひきこもりは“こころの問題”」という考え方が常識とされてきた。
その結果、不登校児童(小中学生)は約12万人、不登校の高校生は約6万人、中退者約6万人、さらには18~40歳のひきこもりが100万人以上と、大きな社会的な問題になっている。

神仙堂薬局では、以前から寄せられていた不登校・ひきこもり、さらにはメンタル疾患(うつ病、統合失調症等)のお客様へのカウンセリングと漢方相談で蓄積されたノウハウをもとに、「脳の栄養状態」にスポットライトをあてた不登校・ひきこもりの「対策本」を出版。

本書では、「不登校・ひきこもりは“こころの問題”」という前提を原因の一部にすぎないとし、根本的な原因は「脳の栄養状態」にあり、「脳の栄養状態」の悪化が“こころの問題”として表れていると指摘している。

このたび発売されたCDに収録されている講演は、出版以来、静岡有名書店(谷島屋本店・江崎書店本店等)で月間ベストセラーになった本書の内容をもとに企画・開催された。

【出版記念講演CD 商品概要】
これまでの専門相談機関等での不登校対策では、「ご両親が変わらなければ・・・」「もう少し心を休ませてあげましょう」といった抽象的なアドバイスが多く、多くの保護者や生徒たちが迷い、心を痛めている。

出版記念講演CDでは、書籍の中でご紹介した「不登校対策の基本は食生活である」という理念のもと行われた講演の様子や、食生活の変え方や注意点についてより理解を深めることができる。

本書を読み、出版記念講演CDもお聴きいただくことで「私たち夫婦の育て方が悪かったのでは」という悩みをお持ちの保護者の方々に具体的な解決法を提示することが可能となる。

■CD収録内容
<第一部「本当はここまで言いたかった!」(65分)>
・彼らの脳が、酔った人と同じ働きになる理由
・脳の働きを悪くしてしまう食生活
・彼らの感情がジェットコースターのようにアップダウンする理由
・家庭内暴力

<第二部「こころの悩み、問題への対処法!」(94分)>
・不登校の原理について脳科学から解説
・専門相談機関のアドバイスについて。
・表情が乏しくなる理由
・集中力も脳の働きの結果
・おススメの食生活
・指しゃぶり、爪噛み等と不登校

【参考 『脳の栄養力アップで不登校・ひきこもりは治る!』概要】
名称  : 脳の栄養力アップで不登校・ひきこもりは治る!
出版元 : 株式会社メタモル出版
価格  : CD+著書 合計 6,300円(税込)
申込方法: http://www.sinsd.com/index.php?chosho