twitterでつぶやく
メンタルオフィスSINBI、五月病対策に無料カウンセリングの受付を開始

 心理カウンセリング事業を展開するメンタルオフィスSINBI(所在地:東京都中央区日本橋、代表:福山裕康、URL: http://www.sinbiz.jp )は、五月病対策への呼びかけとして、5月25日(火)13:00~21:00限定で、無料カウンセリングの受け付けを開始する。(05月07日 メンタルオフィスSINBI)

■無料カウンセリング開始の背景
 五月病に対するカウンセリングの有効性について、あまり知られていないのが現状。また新社会人や新大学生など、経済的に恵まれない若い人ほど、人知れず五月病に苦しんでいる。このような実態から、五月病に苦しむ人のため、無料カウンセリングを行うこととした。

■カウンセリングの内容
 ・まず本人の置かれている状況・抱えている問題・そしてその背後にある気持を明確化していく。
 ・そして、そのような自分の状況を客観的に捉えられるように導いていく。
 ・そこからは、本人の気付きを促し、問題解決と行動の目標化へと進んでいく。

<無料カウンセリングの申し込み先>
TEL: 03-5201-3847
URL: http://www.sinbiz.jp/info/

 そもそも五月病は、大学に入りたての学生に5月頃に多く見られ、一般に知られるようになった。5月頃に、知らず知らずのうちに蓄積されていた心身の疲れや、新しい学校や人間関係などのストレスで、やる気が出ない、ふさぎこむなどの状態をこう呼んでいた。

 ただ近年は学生だけでなく、新社会人にも同様の症状が見られる。新社会人が新人研修など終わり実際の仕事を始めた後の6月頃に見られることが多く、「六月病」などとも呼ばれている。

 この五月病と六月病という呼称は、どちらも病院などで使われる正式な病名ではない。医学的に考えると、このように環境の変化についていけないことで起きる精神疾患として「適応障害」があるが、「うつ病」と診断される場合もある。

 五月病だと思って軽くみていたら、「うつ病」や暗いうつ状態と明るい躁状態を繰り返す「躁うつ病」などということもある。また、放っておいたら長引いてしまい、「うつ病」へ移行していってしまうケースも多々見られる。

 この大学生や社会人として新しいスタートをきったばかりの時期、今後の人生への影響も小さなものではない。早めの対策を講じられるよう、カウンセリングを通してサポートしていく。

【メンタルオフィスSINBI 概要】
名称  : メンタルオフィスSINBI
所在地 : 東京都日本橋3-2-14日本橋 KNビル4F
代表  : 福山 裕康
URL   : http://www.sinbiz.jp
事業内容: 心理カウンセリング、コーチング、各種セミナー、コンサルティング、出版