[PR] 

コメントの投稿には会員登録が必要です。
 

[ヒプノセラピー] トピック

2011年04月25日
23:05

深い催眠状態での自動書記

大和  icon1

その二、自動書記

催眠状態が深まれば、クライエントの無意識の深い部分と交流出来ます。

意識では、自分で気づかずに抑圧していた感情が、催眠状態でよく現れてきます。
自動書記とは、深い催眠状態でセラピストが尋ねた事にクライエントが無意識のまま質問に対する答えを文字で書く現象を指します。

もちろん、クライエントは自分が何を記入したのか覚えていない事がほとんどです。
しかし、セラピストが「催眠から目を覚ました後、あなたはこの記入した文字を読むことができる」と暗示しておくと、覚醒したあとその意味がわかります。

原因のわからない神経症など、本当のストレスや潜在的な悩みなどを見つけるのに
役に立ちます。