3月のカレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近のコメント

各月の日記

カテゴリ一覧

コメントの投稿には会員登録が必要です。
 

sokyudoさんの日記

(全員に公開)

2011年
03月19日
22:29

さあ天王山

福島第一原発では電源回復に向けて死闘が続いている。また第1~3号機については海水の注入が功を奏し、炉心は冷却状態にあるようだ。

YOMIURI ONLINEの記事を引用(元ネタは→http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110319-OYT1T0069...
ちなみに、ニュースでもこういうBGMを流すと「一体、東電の連中は何やってんだ!」みたいなクレームはずいぶん減るのではないかと思う。私の勝手な想像だけど…。

---ここから---
 福島第一原子力発電所に外部から送電線を引く作業は19日、最初の電源復活を目指す2号機のケーブルがつながった。

 通電に向け、作業員の奮闘が続いている。

 放射線防護服と放射線を計るバッジ型の線量計を身につけた作業員たちは19日未明、2号機の配電盤にケーブルを接続した。その手前の敷設に手間取ったが、午後に入り、ようやく東北電力の変電所から、1本の線でつながった。
 
東京電力の社員ら約160人が作業に当たった。うち約50人を派遣する東電の協力会社の社員は19日午前、「作業は順調」との報告を受け、胸をなで下ろした。「危険な作業は信頼が関係がなければできない。東電を信じるしかない。帰ったらご苦労さまと言ってあげたい」と語った。

 毎時400ミリ・シーベルトの放射性物質が観測された3、4号機付近での作業は、線量が高い場所を避け、慎重に進められた。近くのタービン建屋内は昼間でも停電で真っ暗。普段は1時間で終わる作業が2時間近くかかることもある。

 6号機では、点検作業に当たっていた作業員が非常用ディーゼル発電機の機能が回復しているのを見つけた。発電機の一つはすでに起動していたが、それ以外は使えなくなったと思われていた。

 作業員が手回しで回した後、発電機の電源を入れてみたところ、うなりを上げて回り出したという。この電力を使って、6号機に隣接する5号機の残留熱除去系ポンプが午前5時に起動、使用済み核燃料貯蔵プールの水温は低下し始めた。

コメント

1番~5番を表示

2011年
03月19日
22:55

1: ゆききぃ

早く、はやくはやく、誰もが安心できるような状態になってほしいですね。
現場で頑張られてる方々も早く任務を終えて、待ってる家族の元へ帰ることができますように。。。

2011年
03月19日
23:14

2: トクサン

とにかくやるしか有りません。


成功だけを信じましょう。

[力こぶ]

2011年
03月20日
00:15

3: sokyudo

コメントありがとうございます。
何とか最悪の状況は回避できそうな感じになってきました。
もう一頑張りです。

2011年
03月20日
00:25

4: hikari

わたしは映画「アルマゲドン」を思い出してしまいました。
全てのクルーに無事に帰ってきて欲しいですね。
隣の県民として冷静に対応しなければっ!茨城も風評被害なんかに負けねぇど!

2011年
03月20日
09:01

5: sokyudo

>hikariさん
>全てのクルーに無事に帰ってきて欲しいですね。

同感です。彼らの奮闘によってやっと曙光が見えてきたのですから、胸を張って帰還してほしいです。

1番~5番を表示