[PR] 

辞書/施術に関するわからない用語 お客様との会話でわからない用語があったら、調べよう!

用語詳細

アロマテラピー

(あろまてらぴー)

フランス語で芳香(aroma)+療法(therapie)と表します。
天然植物の香りを使って、リラクぜーションやリフレッシュに役立てたり、身体や精神の不調を改善し、正常な健康を取り戻すことを目的とした自然療法のひとつです。20世紀初頭、フランスの化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷を負い、ラベンダーの精油を用いてその効能を自ら体験したことから、この植物療法をアロマテラピーと命名したことが始まりです。そのルーツは、数千年前の古代エジプト文明の時代から薫香や浸剤のかたちで使われていました。また、これを英語読みに直すとアロマセラピー(aromatherapy)となりスペルも違ってきますが、日本で一般的には発祥のフランス語でアロマテラピーと呼ばれています。フランス式のアロマテラピーとイギリス式のアロマセラピーでは考えかたや使用方法が若干違います。

出典元:香癒庵

関連カテゴリ