[PR] 

辞書/施術に関するわからない用語 お客様との会話でわからない用語があったら、調べよう!

用語詳細

光毒性

(ひかりどくせい)

皮膚に化学物質が付着して、その部位に日光などの紫外線が当たることによって炎症やシミ、火傷のような症状が起こること。アロマオイル(精油)の中には、こういった光毒性を持つものがあります。代表的なものに『フロクマリン』という化学物質を含む柑橘系のアロマオイルがあります。ベルガモット、アンジェリカ、レモン、グレープフルーツなどが有名ですが、その他もありますので利用したい精油については精油のプロフィールをご参照ください。光毒性のある精油を使用したアロマトリートメントでは、1%以下に希釈していてもそのあとは紫外線に当たらないように注意しましょう。アレルギー反応の一種である光感作(ひかりかんさ)とはまた違います。

出典元:香癒庵

関連カテゴリ